大人サミット

ぶっ飛んだ夢を描こう ────
今、世界ではさまざまな問題が起きています。そんな中、来たるべき時代の新たな生き方を模索する人々の大きなうねりが胎動し始めています。大人サミットでは、真の「大人」たらんとする人々が集い、地球の未来を真剣に語り合いながら、個人の枠を超えた次世代の生き方を発信していきます!

大人サミットの目指すもの

意識 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 世界最先端の意識レベルを共有する
ビジョン ‥‥‥‥‥‥ 未来の地球人類のビジョンを描き出す
ムーブメント ‥‥‥‥ あらゆる境界を超えた大人ムーブメントを巻き起こす

大人」とは
年齢に関係なく、「大きな精神」を持つ人を意味します。
自らの意識が世界を創造している、という自覚と責任を持ち、個人の枠を超えて、他者のため、地球全体のために生きる人 ─── それが真の「大人」です。
大人サミットには、年齢、職業、国籍、宗教など、ありとあらゆる枠を超えた多種多様な人々が集います。そこに必要なのは、肩書きでも経歴でもなく、自らが真の大人であろうとする“意志”なのです。

これまでの歩み

大人サミットは、経済優先の現代社会に限界を感じ新たな生き方を模索する人々が発起人となり、2010年9月、木の花ファミリーを会場として第1回目が開催されました。
当初は大学教授や弁護士、会社経営者など、社会的に一定の成功を収めた熟年層が中心となっていましたが、大人たちが真剣に語り合う姿に感銘を受けた中央大学経済学部生が、2012年5月に若者を中心とした「ユース・ビジョン・サミット」を発足。第4回大人サミットとの合同開催を行い、双方が刺激しあうことで爆発的なエネルギーが生まれる画期的な場となりました。

世代の枠を超えた第5回大人サミット

同年11月の第5回大人サミットでは、世代の枠を取り払って、ユース・ビジョン・サミットと大人サミットを統合。参加者も13歳の中学生から70代までと幅広く、海外からの研究者や木の花ファミリーの自然療法プログラム卒業生も参加するなど、さらに多様性が増し続けています。
共通の未来に向かって人々が同じ意識を共有し、毎回大きな感動が生まれる大人サミット。今後は、その場で得られた意識を一人ひとりが日々の生活の中で実践していくために、現在のファミリー主導の形から、より参加者主体の形へと移行していくことを目指しています。